GROWSの概要

GROWSは現在開発中のものであり、仕様に関しては流動的に変化しています。本文章は2007年7月現在の仕様に基づいて記述されています。

GROWSとは

  • GROWS = GS Remote Operation Web Service
    • インターネット経由で遠隔ユーザに地上局制御インターフェースを提供するソフトウェアパッケージ
  • GROWSはローカルPC上における地上局制御プログラム(例:GMS)をインターフェースから制御できるようにする
  • Webサービスの通信プロトコル = SOAP通信(TCP/IP + XML)
  • 全局で同一のサービス内容を用意
  • GSNではGROWSを標準のネットワークプロトコルとして採用する

fig10.gif

GROWSのPublicメソッド

  • struct GrowsResponse
    • GROWSからの応答を格納した構造体。すべてのGROWSメソッドはこの構造体を返値とする。
Public struct GrowsResponse
{
    public bool Succeeded;
    public string[] Remarks;
}
  • GrowsResponse GetGrowsVersion()
    • GROWSのバージョンを返す (例 "5.0","07/02/07")
  • GrowsResponse GetLocationInfo()
    • 地上局の位置情報を返す
  • GrowsResponse Login(string userName, string password)
    • ログイン。制御メソッドやTCP/IPデータポートサーバへ接続する前に本メソッドでログインする必要がある。
  • GrowsResponse Setup(string sat_name, string destination, string tle1, string tle2)
    • 追跡対象衛星の情報をセットする
  • GrowsResponse AddAccessComputers(string[] ipAddress)
    • クライアントPC(遠隔制御ユーザが使用しているPC)のIPアドレスをセットする
  • GrowsResponse GetCameraAccessInfo()
    • 地上局がWEBカメラ等を設置している場合、その情報を返す
  • GrowsResponse GetDataAccessPoint()
    • データ配信サーバのアドレスとポート番号を返す
  • GrowsResponse GetStatusAccessPoint()
    • ステータス配信サーバのアドレスとポート番号を返す
  • GrowsResponse SetStatusInterval(int seconds)
    • ステータス配信サーバの配信頻度(間隔秒)を設定する
  • GrowsResponse StartTracking()
    • 衛星追跡を開始する。
  • GrowsResponse ChangeDownlinkMode(double freq, double freq_offset, string mode)
    • ダウンリンクの各種設定(中心周波数、周波数オフセット、TNCモード)
  • GrowsResponse ChangeUplinkMode(double freq, double freq_offset, string mode)
    • アップリンクの各種設定(中心周波数、周波数オフセット、TNCモード)
  • GrowsResponse UplinkCommand(byte[] command)
    • 追跡中の衛星へコマンドを送る
  • GrowsResponse ContinueAccess()
    • GROWSは最後のメソッドから5分経過すると自動的にセッションを閉じるので、随時ContinueAccessメソッドを送ることでログイン済みのセッションを維持する
  • GrowsResponse Logout()
    • ログイン済みのセッションを終了する。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-01 (水) 16:17:28 (4401d)