logo02.jpg

 東北大学は50kg級超小型衛星であるSPRITE-SAT (RISING)を開発し、本衛星は2009年1月23日に打ち上げられました.この開発・運用経験を継承し,東北大学と北海道大学は、50kg級超小型衛星RISING-2の開発を2009年7月に開始しました。

 2011年5月現在で、EM(Engineering Model)の製作および試験評価、FM(Flight Model)の製作を完了しました。打ち上げ機会は未定ですが、FMの試験評価および搭載ソフトの更新を逐次継続します。

 本衛星は口径約10cm, 焦点距離約1mのカセグレン式反射望遠鏡を搭載し、解像度5mで地球を撮像します。カラー画像に加え、液晶チューナブルフィルタを使用した多波長観測が可能であり、可視近赤外での積乱雲観測を主ミッションとします。またCMOSセンサを搭載して、スプライト等の高高度放電発光現象を観測します。

 本ホームページでは、RISING-2開発に関する技術情報を公開します。

fig00.jpg
2011年6月3日 東北大学にてフライトモデルを報道公開

目次

1. プロジェクト概要

2. システム概要

3. ミッション概要

4. システム試験

5. 運用計画と電力収支

A. 壁紙

お問い合わせ先

東北大学 大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 助教 坂本祐二

email.jpg


(C) The Space Robotics Lab (Space Exploration Lab), Tohoku University
Last-modified: 2011-06-16 (木) 17:40:52 (2316d)